初穂講大祭が無事行われました。


2013年10月3日

10/1、初穂講大祭が行われました。
責任役員、初穂講員の皆様ご列席のもとお陰様で無事終えることができました。

巫女の浪速神楽のあと、日本第壱如意寳珠 神通の霊宝《劔珠》の拝観がありました。

《劔珠》は、能「西宮」に謡われる廣田神社秘蔵の霊宝《劔珠》は、『日本書紀』仲哀天皇二年の条に 神功皇后が豊浦(とゆら)の津にて海中より得られ給うたと記された〈如意珠〉が、今に伝えられたものです。劔珠について

今年は特に、玉串拝礼時、そして劔珠拝観時に空に突然晴れ間が広がり、強い陽光が射してきて宮司もこれはきっと瑞祥に違いありませんと申しておりました。それほど美しい光景でした。

大祭の後、直会がございました。
西宮市に条例ができて、乾杯は日本酒にて行うことになりました。いかにも清酒のまち西宮市らしい条例ですね。

恒例となった福引きも楽しんで頂けましたでしょうか。宮司揮毫の掛け軸『宮司賞』、責任役員の皆様、講員の皆様がご提供下さった芸術作品や作物、さまざまの商品、くじにはずれの方が少なかったかと思いますが、はずれた皆様もぜひ来年は宮司賞をお持ち帰りいただければと願っております。

清興では、日本民謡昇勢会 山口勢旭会主一門の皆様よる、民謡と三味線の楽しいひとときを過ごすことができました。青森の民謡、山形の大変めでたい民謡、同じ民謡の新旧聴き較べ、そして最後は花笠音頭をご列席の皆様全員で謡いました。

来年は、より多くの新会員の皆様とともに初穂講大祭を行いたいと思っております。よろしければご入講をお待ち致しております。
初穂講について、入講の仕方
詳しくは、廣田神社初穂講担当にお電話ください。


さて、今月10/19、ひろたのいちイロドリが参道で開催されます。イロドリは、参道にて日常をイロドる、楽しい「いち」です。また、現在開催中の西宮まちたび博覧会のプログラムにも入っております。丁度気候もよい時でございますのでお誘い合わせの上お出かけ下さいませ。

今年のイロドリの案内ポスター

昨年のイロドリの様子

西宮まちたび博2013のサイト
西宮まちたび博2013

祓所にて

祓所にて

祓所にて