廣田神社の30年の元日 一番祈祷と初詣


平成29年12月31日 午後8時半

廣田神社では、大晦日は、 午後3時から年越大祓式があり多くの方々のご参列で、この半年の罪穢を祓い清めました。

引き続き 除夜祭、午後8時からは御火焚祭(福火)が行われております。

今から4時間後、その福火が赤々と燃える中、カウントダウンで新年を告げる音とともに、拝殿前に詰めかけた皆様が新年の初詣をスタートする予定です。

賑やかな話し声、賽銭の音、神札授与所で参拝の方々にお札を授与する準備をする巫女、そして今年から武井香璋氏の大絵馬が拝殿横に掲示され、拝殿前ではお屠蘇が振る舞われ、参道には夜店が並び、御神灯の明かりが道を照らします…

午前0時過ぎになりますと、拝殿内では、一番祈祷が斎行されます。
(一番祈祷の予約は不要ですが、午前零時の少し前に社務所にて受付を致します。)

一番祈祷は、年の初め一番にお参りいただき福を授かって頂くもので、廣田神社では、新年の太鼓の合図とともに午前零時より斉行致します。

新年の時報とともに太鼓が打ち鳴らされ、昇殿。夜の拝殿内で祝詞をあげる中、いつもと違った雰囲気で祈祷をお受け頂けると思います。

宮司以下祭員は、年末から初詣に向けて、淨明正直な厳粛な心で、神様と参拝者の皆様の仲立ちを務めることができるよう準備を致して参りました。

午後からは、平成三十年の干支絵馬の原画を描かれた、西宮市在住の墨絵日本画家・武井香璋氏が来社されます。当日干支絵馬をお受けになられた方には、下記により作者がサインを致します。
日時 平成30年1月1日午後1時〜2時
場所 拝殿前特設テント内

本年が栄えある一年となりますよう念願しております。



よさこい奉納演武

初詣・カウントダウン

カウントダウン直後、平成28年の初詣が始まった拝殿前の様子


戌年の大絵馬


戌年の大絵馬

大絵馬の作者 武井香璋氏


開運大的御弓始神事

開運大的御弓始神事