探湯神事、無事斉行致しました。

2013年7月19日


16日午前10時より夏祭(深湯(くがたち)神事)が、斎行されました。

曇天の大変暑い中斎行されましたが、無事終えることができました。
ご神前に神楽を奉納し、探湯神事ではたくさんの参拝者が忌湯(いみゆ)を受けられ、無病息災を祈念されていました。

尚、ご神前に奉納した神楽は、浪速神楽という関西地方に伝わる里神楽です。

当社の探湯神事は、往古の盟神探湯(くがたち)の遺風を今に伝えたもので、巫女が大釜の熱湯を笹束を以て四方の神々に捧げ疫病害虫風水害等を除去する退魔の神事です。

同時に聖湯を浴びた者は清明な心身に立ち帰り無病息災を得る禊祓の儀式でもあるのです。笹束(湯たぶさ)の葉は不慮の災厄を退散させる護符として神験顕著であり珍重されています。

いよいよ20・21日は、広田の宮こどもまつりがあります。(今年の案内PDF)昨年より1週早くなっております。
皆様に楽しんで頂けます様、しっかり準備できたかと思っております。

今年も縁日やたくさんの野外ステージで楽しく過ごして、暑気を振り払っていただければと存じます。

広田の宮こどもまつり| 7月の行事 | 年間行事 |
 

茅輪神事の様子

茅輪神事の様子

茅輪神事の様子