廣田神社の大晦日・元日、三が日の行事


2013年1月4日

新しい年を迎え、本年が皆様にとりまして幸多き年となります様お祈り申し上げます。

お正月は如何お過ごしでしょうか。
今年のお正月は天気も良く、3が日の間に約20万人の方が廣田神社に初詣に来社されました。

3が日の行事、琉球國祭り太鼓、開運大的御弓始神事また吟道哲山流興風吟詠会による詩吟の奉納、よさいこい踊り初め奉納演武等は、例年通り行われました。

また、新たにお目見えした大鳥居をご覧になられた方も多かったと思います。

この大鳥居は、大きな御影石をくり抜いて作った一枚石の鳥居で、高さ9.8m、幅13.5mあり、関東より非常に大きな大きなトレーラーで運ばれて設置されたものです。

廣田神社では、3月の竣工に向け、ご奉賛を募っております。つきましては、この事業の意義を何卒御理解いただき、格別なるご芳志をもって御奉賛を賜りたくお願い申し上げます。
新参道 大鳥居建立事業御奉賛のお願い



さて、前置きが長くなりましたが、今日は、廣田神社の3が日を日付順に簡単に写真とともにご紹介したいと思います。


2012年12月31日

廣田神社の大晦日は、年越大祓(としこしのおおはらえ)式に始まり、引き続き 除夜祭、大晦日御火焚祭(福火)が行なわれます。

2013年1月1日

元旦は歳旦祭(午前5時〜)にはじまり、開運祭、琉球國祭太鼓と続きます。

歳旦祭は、今上天皇陛下の四方拝に合わせて全国の神社で行なわれるものです。
御皇室の弥栄(いやさか)、五穀豊穣、国家鎮護
をお祈りします。
当日は、参拝なさる皆様にも拝殿までお入り頂き一緒に歳神様をお迎え致しました。

その後の開運祭は、新年にあたり、国民全ての開運多幸と業務の繁栄発展を祈るものです。

琉球國祭太鼓は、午後2時から拝殿内にて賑やかに行なわれました。この太鼓は、琉球國祭り太鼓兵庫支部による新春の廣田神社社頭での奉納演舞で、平成20年初から開催されています。

毎年、多くの方が大絵馬をバックに記念写真を撮られていますが、今年の大絵馬は白い巳が描かれた非常に縁起の良い大絵馬となっております。年中掲げておりますので、まだご覧になっておられない方は是非ご覧下さいませ。
大絵馬の写真と作者についての記事

2013年1月2日

2日は、初日供祭に続いて開運大的御弓始(おおまとおゆみはじめ)神事が午後2時より行なわれました。
この神事は、奉告祭の後、兵庫県弓道協会によりひき目の神事と称する、鏑矢を射てその飛ぶ際の音を以て妖魔を退散させる神事です。
引き続き約30mの距離から大的を射貫き、悪霊を祓う大的神事が行われました。

2013年1月3日

年の初めにあたり、皇位の始まりを祝い、永遠に国と共に栄え行くことを祈願する祭元始祭のあと、午前11時より新春奉納吟詠が行なわれました。

この吟詠は、吟道哲山流宗家と興風吟詠会員による奉納吟詠です。

午後2時からは、颯爽JAPANによるよさこい鳴子初踊り奉納演舞が行なわれました。よさこい連で初めてNPO法人を取得した颯爽JAPANによる恒例の踊り初めです。


…………………………………………………

本年の正月の3が日の行事も、宮司以下祭員一同、淨明正直な厳粛な心で、神様と参拝者の皆様の仲立ちを務めることができるよう準備を致しました。おかげさまで滞りなく催行できましたこと、感謝申し上げます。



さて、1月はこのあとも沢山の行事が続きます。9〜11日には、西宮神社境内にある廣田神社境外摂社の南宮にて南宮御狩祭が、そして15日には廣田神社境内にて小正月御火焚(とんど)祭(午前8時半)〜、18〜19日には、厄除(やくよけ)祭が行われます。
1月の行事詳細

特に15日のとんどのお祭りは、前日に取り外した各家のしめ飾り等を、古式のままに鑽り出し神前に供えた浄火を以て、焚き上げます。この火で焼いた餅を食べると一年病気知らずとも、焼いた蜜柑や橙を湯船に以入れ入浴すると怪我知らずとも伝えます。是非お越しいただきまして、大神様の御守護で病気知らず怪我知らずの一年をお過ごし頂ければと祈っております。

どうか本年も何卒よろしくお願い致します。
最後まで記事におつきあい下さり有難うございました。

初詣・参拝する人達

福火

廣田神社・初詣の朝

琉球国祭太鼓1

琉球國祭太鼓2

琉球国祭太鼓3

琉球国祭太鼓3

琉球国祭太鼓3

琉球国祭太鼓3

琉球国祭太鼓3

琉球国祭太鼓3

琉球国祭太鼓3

琉球国祭太鼓3