廣田神社境内に咲く、2万株の兵庫県指定天然記念物コバノミツバツツジ


2017年2月3日

節分祭が行われている境内で、早くもつぼみが開いた樹が見られました!
気候次第ですが、暖かければ、今月末にも境内の色々な場所で蕾が見られるかもしれません。

小さかった苗が、寒い冬をたくましく乗り越え、春に美しい花を咲かせるコバノミツバツツジの力強さ。

毎年春に行われる【つつじまつり】につきましては、本年度の詳細・日程など現在未定の為、また決まり次第ご案内させていただきます。


戦前には周辺地区を含め20万株あったコバノミツバツツジですが、今は廣田の森に2万株となったコバノミツバツツジ群落の維持のため、廣田神社では市民の皆様を中心に植樹奉賛をお願いし、ツツジを守り、後世に伝えることに力を注いでおります。ご協力いただける方は神社までお申し出下さい。
(奉賛金1株につき2千円以上志納)







コバノミツバツツジ群落記念石碑

コバノミツバツツジ群落境内入り口

冬のコバノミツバツツジ群落

コバノミツバツツジ成長していく樹々

コバノミツバツツジ植樹群

コバノミツバツツジ咲き始め

コバノミツバツツジつぼみ