古い神札のお納めについて

 古くなった神札は、年末から正月15日前後にかけて氏神さまに納めます。各々の神社によって定められた日にお祭(どんど焼き)が行われ、正月の松飾りと共に浄火をもってお焚き上げされます。
 いずれの神社の神札でもお納め頂けますが、遠方の場合を除き、できるだけその神社にお納めして、一年のご加護に対し御礼の参拝をするように心掛けましょう。
 地方へ転居したり、都合で神棚を外す場合には、正月に限らずその旨を社務所に申し出て、玉串料を添えてお納めするように致しましょう。
 また、神棚にお供えしたお餅やみかんは、正月11日の鏡開きの日にお下げするのが古来からの習慣ですが、カビがはえる前にお下げして家族で頂くように致しましょう。餅やみかんを古神札や神棚、松飾りなどと一緒に神社納めることのないようにしましょう。
廣田神社の納札所(境内地図)

納札所