廣田神社巫女募集イメージ
廣田神社巫女募集 sp用画像

廣田神社巫女奉仕者の募集

巫女の姿

2024年7月5日

清く明るく、厳粛な心で神社にお勤め戴ける方を募集致します。

巫女とは?

巫女には、古くから祈祷や占いをしたり、御神託(神様からのメッセージ)を伝えたり、神楽を舞うなどの役割がりました。
「天岩戸の神話」で妖艶な舞を踊った天鈿女命(あめのうずめ)や、邪馬台国の女王とされる卑弥呼(ひみこ)などの女性シャーマンこそ「巫女の原型」でありました。

しかし、明治時代以降になるとそうした占いなどの神憑りは行われなくなり、神職の補佐をする仕事が中心となりました。

かつての巫女と現代の巫女は、そ の立場や役割などが大きく変わってしまいましたが、巫女は今でも神社には欠かせない存在として広く親しまれています。

奉仕内容
境内清掃、お守り授与、神職補佐など

奉仕時間
8時30分~16時30分 ※祭事等で多少の変動有

シフト制
月に4日~10日程ご奉仕頂きます。

応募資格
18歳~大学生 経験・知識は一切不問

募集人数
若干名

時  給
1030円~(高校生は1010円~・経験による昇給あり)

応募方法
下記フォームよりお申込ください。

フォーム入力画面へ

廣田神社は・・・

神功皇后摂政元年(201)、国難打破の道を教え、皇子(第15代應神天皇)のご懐妊を告げ、安産を守り、軍船の先鋒となり導き、建国初の海外遠征に大勝利を授けられた天照皇大神荒御魂の御神誨により、御凱旋の帰途、神功皇后により武庫の地・廣田の国(芦屋・西宮から尼崎西部)に御創建されたことが、我が国最古の国史書「日本書紀」に記されている兵庫県第一の古社(旧官幣大社)です。 境内総坪数は16,000坪。4月上旬には約2万株のコバノミツバツツジ(兵庫県天然記念物)が境内一帯に咲きます。阪神タイガースの必勝祈願でも知られます。